古い家付いた土地のほうがなぜ安い

不動産売買でよく古い家付きの土地が販売に出されます。更地の不動産と比較すると、更地の方が高く古い家付きのほうが安いことが多いことに気が付きます。家という不動産がついているのになぜ安いかといいますとそれには解体に掛かる費用が加味されていないためにそのような形になります。家がない土地の方が確かにそのあとの処理にバリエーションがつけることができます。例えば家を単純に立てる。しばらくの間は、駐車場経営して相続対策にするなど様々です。しかし不動産付きであるとそうはいかず。自由に処分したいなら、解体しないとだめで解体費用の相場は、1平方メートルで10万円といわれています。これは産業廃棄物の処理も含めてですが、アスベストの使用が多い家ではもう少し高くなります。しかしこの家の付の土地もその古い家に状態によってはお得な買い物になることもあります。いまではリノベーションの技術が向上しているので、上手く修理すえば十分住める古い家もあるので現状確認してから購入を検討したほうがいいです。なかには単に古い家というだけで意外な掘り出し物もあり、賃貸経営を考えるにもいい収益をだすものがあるのでこまめに探してみるのもいいと思われます。

富山市の売土地をご案内しています。 3129 6/4

Copyright ©All rights reserved.古い家付いた土地のほうがなぜ安い.